意外と難しい?梅酒の選び方

梅酒にはたくさんの種類があります。

その為、どの梅酒を選んだらいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?

今回は、たくさんの種類の中からお気に入りの梅酒を選ぶときのポイントを紹介します。

 

梅酒を知るには材料を知る

梅酒は主に次の材料から作られています。

・梅
・ベース酒
・砂糖

詳しくは下記の記事を参照してください。

梅酒に使われる梅の秘密とは?

奥が深い梅酒に使われるお酒

梅酒に使われる砂糖の秘密

梅酒の味わいはこの材料の組み合わせによって大きく変わってきます。

どんな材料が使われているのかを意識するだけでも、梅酒の楽しみ方が変わりますし、梅酒の味わいを予想することもできます。

予想した味わいと、実際に飲んでみた味わいを比較してみるなんて楽しみ方もいいですね。

 

梅酒に使われている梅のなかで最も多いのが和歌山で多く生産されている「南高梅」です。

紀州南高梅と呼ばれることもありますが、紀州は産地の呼び名になります。

南高梅は肉厚で種が小さいころから梅酒以外にも梅干しの材料としてもよく使われています。

梅酒だけでなく、紀州南高梅の梅干しを焼酎に入れて飲むのも定番メニューですね。

南高梅以外にも、古城・白加賀・豊後などの梅も梅酒の材料としてよく使われています。

また、最近では南高梅のようなブランド梅ではなく、ご当地梅を使った梅酒も人気になってきています。

ベース酒

梅酒に使われるお酒は「ホワイトリカー」が一般的です。

しかし、それ以外にも日本酒や焼酎、泡盛、ブランデーなどいろんなお酒でも梅酒は作られています。

個性豊かなお酒を使うことで、梅酒の味わいも大きく変わってきます。

最近では、日本酒を使った梅酒も人気が出てきていますね。

日本酒独特のアルコール感が苦手という方もいますが、梅酒にすることでアルコール感が薄くなり、日本酒本来のフルーティー感を楽しむこともできます。

砂糖

意外と見落とされがちなのが砂糖です。

一般的には氷砂糖が使われますが、黒糖をつかったりと個性の強い砂糖を使った梅酒もあります。

砂糖の代わりにはちみつを使った梅酒もあり、ダイエットや健康を気にする方には人気が出てきています。

梅酒は「おいしい」で選んではいけない

よく「一番おいしい梅酒を教えてください」という質問を受けることがあります。

「おいしい」とか「おいしくない」という基準で梅酒を選んでしまうのは非常にもったいないことだと思います。

「おいしい梅酒」か「おいしくない梅酒」かを判断するのは酒造メーカーの仕事です。

酒造メーカーではおいしい梅酒を作るために日々研究し、丹精込めて梅酒を作り上げています。

おいしくない梅酒を作ろうなんて思っている酒造メーカーなんてありません。

どの酒造メーカーもおいしい梅酒を作ろうと日々努力しているわけです。

そして、これなら喜んでもらえるという梅酒が出来てはじめて店頭に並びます。

だから世の中においしくない梅酒なんてありません。

ただ、人それぞれ「好み」があります。

好みに合う合わないを「おいしい」とか「おいしくない」と感じる場合もあります。

だからどれがおいしいという視点ではなく、自分はどんな梅酒が好みなのかという視点で探すのがポイントですね。

また、その梅酒が生まれた背景や、どんな地域で生産されているのか、どんな材料が使われているのかなどを知ることで、より梅酒を楽しむこともできます。

ぜひ「おいしい」「おいしくない」という視点ではなく「梅酒を楽しむ」という視点で梅酒選びをしましょう。

酒蔵にこだわる

梅酒はいろんな酒蔵(酒造メーカー)から販売されています。

どの酒蔵でもオリジナルの味わいを出そうといろんな工夫をしています。

その為、同じ材料で作ったとしても、酒蔵によって味わいが異なる場合もあります。

酒蔵は身近にもたくさんあると思います。

通販や一般的なお店には置いていない梅酒もあります。

もしお近くに梅酒を作っている酒蔵がある場合、酒蔵に直接行ってみるのもいいでしょう。

酒蔵によっては工場を見学させてもらえるところもあります。

杜氏に合って話を聞くこともできます(仕込みの時期は難しいかもしれませんが)。

そういう話や梅酒に対する想いを聞くことでまた梅酒の味わいも変わってくるのではないでしょうか?

 

ベース酒にこだわる

梅酒の多くは「ホワイトリカー」をベース酒としています。

しかし、酒蔵によってはいろんなお酒をベース酒にしています。

焼酎・泡盛・日本酒・ブランデーなどですね。

ブランデーはちょっと苦手だなという人でも、梅酒にすると意外と飲みやすいということもあります。

特にブランデーなどは好きな人は好きですが、飲まない人はほとんど飲まないお酒でしょう。

そういうお酒の入り口としてブランデーベースの梅酒から入り、そこからブランデーの世界に入るなんて楽しみ方もあります。

 

まとめ

梅酒の選び方にはいろんなポイントがあることがお分かりいただけたでしょうか?

ワインのようにずば抜けて高級な梅酒があるわけではありません。

ほとんどが手軽に手を出せる範囲の物です。

梅酒の知識を身に着け、梅酒や材料の梅などの時代背景を知ったり、どんな地域で生産されているのか想像しながら飲むことで、より一層梅酒を楽しむことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です