梅酒に最も多く使われる白加賀はどんな梅?その特徴は?

白加賀(シラカガ)

古くは江戸時代から栽培されていて、日本全国で生産されているのが白加賀です。

特に関東地方では盛んに生産されています。

南高梅と同じく、実の粒が大きく、果肉は肉厚ながら繊維が少ないのが特徴です。

太陽の光をたくさん浴びた面は、熟してくると紅色に変わります。

白加賀は梅酒にもよく使われていますし、梅干しとしても人気の梅となっています。

白加賀は「しろかが」とも「しらかが」とも呼ばれています。

 

 

白加賀の歴史

白加賀は加賀白梅(かがしらうめ)とも呼ばれています。

その歴史は江戸時代まで遡ります。

加賀藩を治めていた前田家の家紋は「梅」でした。

その為、雪国には珍しい白梅が盛んに植えられるようになりました。

江戸にあった藩邸にも同じように白梅がたくさん植えられたことから、江戸の人たちが家紋と結び付けて「加賀藩の白梅」→「加賀白梅」→「白加賀」と呼ばれるようになりました。。

※正式な文献が残っていないため、あくまで俗説です。

 

白加賀の主な産地

白加賀は日本全国で生産されていますが、もっとも多く生産しているのが群馬県です。

群馬県は、南高梅の生産で有名な和歌山県に次ぐ梅の生産量を誇ります。

明治時代から梅の生産がおこなわれるようになり、現在は榛名地区、箕郷地区で群馬県内約7割の梅を生産しています。

白加賀以外にも梅郷、紅養老、南高、小梅の織姫、甲州などの品種を生産するなど、梅の生産が盛んな地域となっています。

そんな群馬県で生産された白加賀は、「大粒で果肉が厚く、繊維が少なくて緻密で滑らか、種が小さくて実がくずれにくいのが特長です。特に梅酒、梅ジュースにおすすめですよ。加工しても皮が破れず、美しくにごりのない透明な仕上がりになります」とのこと。