近年は手に入りにくくなってきた古城梅はどんな梅?その特徴は?

古城梅(ゴジロウメ)

美しい実と、高値で取引されていたことから「青いダイヤ」と呼ばれているのが「古城梅」です。

大正時代に生まれた古城梅は、発芽と開花はほかの品種に比べると遅いですが、収穫時期が早いのが特徴です。

南高梅より、実が固くしっかりしているため、梅干しには適しませんが、梅酒などに多く用いられています。

近年では生産量が大幅に減ってきており、非常に貴重な梅となっています。

古城梅の読みかたですが「こしろうめ」とか「こじろうめ」と呼ぶ人もいますが、正式には「ごじろうめ」です。

 

 

古城梅の歴史

古城梅は大正時代の後期に誕生しました。

日本で1番の生産量を誇る和歌山県にある田辺市長野の那須政右ヱ門氏が、譲り受けた梅の木を接ぎ木した中から生まれたと言われています。

「古城梅」という名前は、那須氏の屋号である「古城(ごじろ)」からつけられました。

屋号というのは、今のお店の名前みたいなものですね。

 

その後、和歌山県の優良品種として認定され、生産されてきました。

しかし、近年では、生産の難しさから生産量が減ってきており、今では希少品種として重宝されています。

ピーク時には1800トンあった生産量が最近では430トン近くまで減ってきているそうです。

 

田辺市長野では毎年5月16日に「ごじろ」にちなんで長野古城梅振興会によって祭典が行われています。

長野古城梅振興会は、生産量が年々減少していることに危機感を覚えた地域の生産者が立ち上げた組織です。

「青梅といえば古城」というイメージを復活させるべく、積極的に活動しています。

 

古城梅の主な生産地

古城梅は南高梅でも有名な和歌山県の田辺市で多く生産されています。

和歌山県は日本で最も多く梅を生産している県で、日本全国の60%以上が和歌山県で生産されています。

もともとは南高梅より古城梅の方が生産量が多かったのですが、近年の生産量減少により南高梅に生産量No1の座を奪われてしまいました。