世界の人からも愛されている梅酒

海外で有名な日本のお酒と言えば「日本酒」ですね。

また、最近では日本ブランドのワインも人気が出てきています。

では、梅酒は海外でも飲まれているのでしょうか?

 

海外でも愛されている梅酒

梅酒は日本で生まれたお酒です(諸説あります)。

ウィスキーやワインのように国家を上げてブランドを育ててきたお酒と異なり、梅酒は家庭で作られていたお酒の為、海外での知名度はほとんどありませんでした。

しかし、最近では日本に来た外国人や梅酒メーカーが積極的に海外に情報発信したこともあり、海外でも人気が上がってきています。

特に、日本に来た外国人が選ぶお土産の人気ランキング2位が梅酒という調査結果もあります。

 

海外では「UMESHU」もしくは「プラムワイン」と呼ばれている

海外ではプラムワインと呼ばれることがあります。

しかし、ワインのように発酵させる訳ではないので、プラムワインという呼び方はちょっと違和感がありますね

諸説ありますが、梅を「Plum」と表現するのは間違っているという説もあります。

ただ、海外でも「UMESHU」で通じる国も多く「梅酒」が世界で認知されて来ているようです。

 

梅酒が海外の人に人気の理由とは?

では、梅酒の人気の理由を紹介します。

「食前酒」として人気

海外では「食前酒」という文化が定着しています。

梅酒は甘くて飲みやすく、洋酒よりもアルコール度数が低いことから食前酒として人気があります。

また、アルコール独特の味が弱い為、どんな料理にも合うことから愛飲する外国人も多いようです。

h健康飲料として人気

海外では「酔えればなんでもいい」という大雑把な人も多いですが、最近では健康を気にする人も増えてきています。

余談ですが、ロシアなんかでは工業用アルコールを飲んでいるなんて話も聞くくらいですからね。

梅酒には疲労回復や美容に効果的な成分がたくさん含まれています。

その為、健康に敏感な人に人気が出てきています。

簡単に作れる

梅酒は簡単に家庭で作ることが出来ます。

また、使うお酒も限定されていません。

梅さえ手に入れてしまえば、身近にあるお酒で手軽に作れるのも梅酒の魅力ですね。

特に外国人は「家庭の味」を大切にしますので、「これが我が家の梅酒だ」と拘りを持ってつくったり、親戚に自慢するなどいろんな楽しみ方をしているようです。

 

海外で有名なブランドはあのブランドでした

海外でも愛されている梅酒。

いろんなメーカーが海外で販売していますが、一番知名度があるのが「チョーヤ」です。

引用元:https://twitter.com/choyaofficial/status/747759495141437440

日本でも一番最初に梅酒を商品化したのがチョーヤ。

海外でも人気のブランドのようです。

現在はなんと40か国でチョーヤの梅酒が販売されているようです。

 

まとめ

海外に長期に滞在していると日本食が恋しくなりますよね。

そんな時は、日本食だけでなく「UMESHU」も見つけてみて、日本の味を楽しんでみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です