意外と高い?梅酒のアルコール度数はどのくらい?

コクのある甘みで飲みやすいため、お酒がちょっと苦手な人や女性に人気の梅酒。

飲みやすさもあり、ついつい飲みすぎてしまったなんてこともあるのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが梅酒のアルコール度数ですよね。

ビールは低め、洋酒は高めということは知っているので、それなりの飲み方ができます。

でも、梅酒のアルコール度数は意外と知られていないので、どのくらい飲んでも大丈夫か心配になることもあると思います。

そこで、今回は梅酒のアルコール度数について紹介します。

 

意外と梅酒のアルコール度数は高い?

梅酒のアルコール度数ですが、ベースとなるお酒によって差はありますが、なんと8~15度と意外と高いんです。

ちなみに、いくつかお酒のアルコール度数を紹介します。

缶チューハイ 5度
ストロング系缶チューハイ 9度
ビール 4度〜8度
白ワイン 7度〜15度
赤ワイン 11度〜15度
日本酒 15度〜16度
焼酎 20度〜25度
ウォッカ・テキーラ 40度
ウイスキー 40度〜60度

梅酒のアルコール度数が15度なら、ワインや日本酒と同じですね。

つまり、梅酒をストレートやロックで飲むと、ワインや日本酒を飲みのとほぼ同じなんです。

ワインや日本酒に比べるとはるかに飲みやすいので、ついつい飲みすぎてしまい酔っぱらってしまうのも納得です。

ベース酒によって違うアルコール度数

梅酒の中でもアルコール度数は8度から15度とばらつきがあります。

その違いは梅酒のベースとなるお酒の種類です。

銘柄によってアルコール度数が違いますので、いくつか紹介したいと思います。

アルコール度数15度以上の梅酒

越後武士梅酒 :18度


玉川酒造 越後武士梅酒 [ 720ml ]

玉川酒造 越後武士梅酒 [ 1800ml ]
越後武士(越後さむらい)梅酒180ml ポケット瓶

日本でも屈指のアルコール度数を誇るリキュール「越後武士(えちごさむらい)」をベースにした梅酒です。

越後武士のアルコール度数はなんと46度!!

そんな越後武士をベースにした越後武士梅酒のアルコール度数は18度にもなります。

奈良県にある柳田農園で収穫された南高梅を贅沢に使い、高いアルコール度数とは裏腹に、フルーティーな味わいが特徴で口当たりが良いのが特徴です。

アルコール度数の高さからは想像できないほど非常に飲みやすいことで人気です。

飲みやすいので飲み過ぎに注意ですね。

お酒に弱い方は、フルーティーな味わいを壊さないように炭酸で割って飲むのがお勧めです。

 

善 ZEN : 19度


善-ZEN-  720ml 「紀州本庄うめよし/和歌山」

ブランデーをベースに梅干し屋さんでもある「紀州本庄うめよし」さんが作った梅酒です。

アルコール度数は越後武士梅酒 さむらいを超える19度。

紀州南高梅の産地で有名な「みなべ町」の南高梅を贅沢に使った梅酒です。

通常は若い青い梅を使うことが多い梅酒ですが、善 ZENは黄色く完熟した梅を使っているのが特徴です。

手作業で上澄みをろ過するという手間暇をかけて大切に作られた梅酒。

甘みは抑えめで、まろやかな味わいが特徴です。

甘さが苦手な方にはお勧めですね。

 

BENICHU38° : 38度


エコファームみかた BENICHU38°[720ml]

ここまで来ると梅酒なのか?と思ってしまうBENICHU38°のアルコール度数は商品名にもなっていますが、なんと38度。

砂糖を使わずに作られるBENICHU38°は梅の酸味を存分に楽しめる大人の梅酒です。

おすすめの飲み方はその味わいを存分に楽しむことができるロック。

脂っこい食事の時に飲むことでお口の中がさっぱりします。

カクテルなどのベースとしても重宝される梅酒ですね。

BENICHU38°は世界のソムリエがその味を評価する「International Taste & Quality Institute 2018」でなんと「Superior Taste Award(優秀味覚賞)」を受賞しています。

世界のソムリエの舌を唸らせた梅酒を味わってみませんか?

ちなみにBENICHU38°は男性向きとなっていますが、女性向けのBENICHU20°もあります。

【甘くないオンナの梅酒】 BENICHU 20° ベニチュー 720ml

こちらはアルコール度数が20度です。

こちらもロックで楽しむのが基本ですが、炭酸で割ることで甘さを抑えながらも飲みやすくなります。

 

アルコール度数10度~15度の梅酒

 

チョーヤ エクセレント : 14度


チョーヤ梅酒 エクセレント [ 750ml ]

世界でも有名な梅酒ブランドの「チョーヤ」。

最近は会社名もチョーヤに変更してブランドを前面に押し出していますね。

そんなチョーヤがブランデーをベースに作り上げたのが「チョーヤ エクセレント」です。

紀州南高梅を100%使用し、じっくりと熟成させることでまろやかでコクのある味わいに仕上がっています。

14度というアルコール度数を感じさせない飲みやすさが特徴ですので、ロックで飲むのをおすすめします

 

鶴梅 完熟にごり : 10度


鶴梅 完熟にごり  720ml 「平和酒造/和歌山」

鶴梅 完熟にごり  1800ml 「平和酒造/和歌山」

和歌山にある平和酒造が作る「鶴梅 完熟にごり」。

濃厚で酸味が特徴で、梅のペーストを入れることでトロッとした独特の雰囲気を出しています。

梅酒生産量日本値である和歌山が誇る梅酒は女性にも人気ですね。

 

鶴梅 すっぱい : 11度


鶴梅 すっぱい  1800ml 「平和酒造/和歌山」

鶴梅 すっぱい  720ml 「平和酒造/和歌山」

完熟にごりとおなじ酒蔵で作られた「鶴梅 すっぱい」。

その名の通り、すっぱさが特徴です。

すっぱさを演出するために、通常の3倍という量の梅を使って仕込まれています。

後味がさっぱりしている為、食前酒にもお勧めです。

 

アルコール度数10度以下の梅酒

 

薩摩スパークリング梅酒


山元酒造 薩摩スパークリング梅酒 [ 750ml ]

山元酒造 薩摩 スパークリング梅酒 8度 [ リキュール 375ml ]

鹿児島県薩摩にある山元酒造が丹精込めて作り上げた梅酒「にごり梅酒 梅太夫」

その梅太夫に炭酸を加えてデザート感覚で楽しめるのが「薩摩スパークリング梅酒」です。

炭酸のさわやかさを楽しむために、よく冷やしてクラッシュアイスをたっぷりと入れて楽しみましょう。

 

まとめ

ジュース感覚で楽しめる梅酒ですが、意外とアルコール度数が高いことがお分かり頂けたと思います。

梅酒でも銘柄によってアルコール度数が違い、高いものでは20度近くあるものも。

アルコール度数が高い梅酒はジュースやお湯で割って楽しむなど工夫をすれば、お酒の弱い人でも楽しむことが出来ますね。

ただし、飲みやすいからと言って飲みすぎるのも身体によくありませんので、ほどほどに楽しみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です