梅酒とは?

梅酒とは?

梅酒とは、青梅をアルコールに漬けて作られた果実酒です。

梅酒は江戸時代から愛用されており、当時は薬として重宝されていました。

1962年に酒税法が改定されてから一般家庭でも作ることができるようになりました。

酒造メーカーが作る梅酒を楽しむだけでなく、家庭でオリジナルの梅酒が作られるようになり、広く人気を集めるようになりました。

また、梅酒とは異なりますが、焼酎にシソ漬けした梅を入れて飲む、いわゆる「梅割り」も根強い人気があります。

 

 

梅酒の種類

梅酒は焼酎に着けて作られる「リキュール型」と、酵母を用いる「発酵型」がありますが、通常梅酒と言えば「リキュール型」を指します。

 

梅酒のベースとなるお酒

近年の梅酒人気にともない、最近ではお酒の種類にや素材にこだわったものや、個性的なものなど、いろんな種類の梅酒が市場に出回っています。

その為、料理や好みに合わせて梅酒を選ぶなど、いろんな楽しみ方が増えてきています。

梅酒のベースとなるアルコールは「ホワイトリカー」が一般的です。

その他には

  • 日本酒
  • 醸造アルコール
  • ウィスキー
  • ブランデー
  • みりん

などいろんなベースで梅酒が作られています。

 

梅酒の材料

梅酒の材料は、ベースとなるお酒と梅、そして砂糖が主な材料となります。

ベースとなるお酒は当然ですが、梅や砂糖の種類によっても味や風味が変わってきますので、梅や砂糖にもこだわって作られています。

梅の種類

梅は主に「青梅」と呼ばれる、青色(緑色)の梅が使われます。

人気なのが「南高梅」と呼ばれる梅で、香りの高さは梅の中でもトップクラスと言われていおり、多くの梅酒で使われています。

他にも白加賀や豊後、古城などの梅が人気となっています。

それぞれ香りや味わいが違っており、個性も豊かです。

砂糖の種類

梅酒はお酒と梅、砂糖という非常にシンブルな材料で出来ています。

その為、種類によって味わいが大きく変わってきます。

お酒は風味の違いにつながりますし、梅は酸味が強いか弱いか、香りが高いか低いかに現れます。

しかし、選択を間違えたとしても、それはそれで個性でもあり、いろんな組み合わせを楽しむことができます。

脇役だと思われがちな砂糖ですが、砂糖こそが梅酒の「おいしい」「まずい」を決定するほどの主張をするほど、重要なものになります。

一般的には「氷砂糖」が使われています。

氷砂糖が使われる理由は、氷砂糖が甘さだけで風味がなく、無個性であるため、好みに左右されないからです。