招德酒造 京のにごり梅酒 京都

京のにごり梅酒|全国梅酒まつり
  • 名前:京のにごり梅酒(きょうのにごりうめしゅ)
  • 酒造名:招德酒造(しょうとくしゅぞう)
  • 公式HP:https://www.shoutoku.co.jp/index.html
  • 地域:京都府京都市伏見区舞台町
  • 酒の種類:純米酒
  • 梅の種類:鷹宿(京都産)
  • アルコール度数:10%

京のにごり梅酒

京都産の良質なお米と、京都伏見の芳醇な湧き水で仕込んだ純米酒。
その米の旨みがギュッと詰まった純米酒に、京都で栽培された程よい酸味と風味豊かな青梅をじっくりと漬けこんで作ったのが、京都で360余年に渡って酒造りを営んできた招德酒造の「京のにごり梅酒」です。

素材の味を最大限に生かして素朴な味わいに仕上げた京料理に合うように、甘さを控えた京のにごり梅酒は、梅の酸味が際立つように仕上げられており、食中酒としておすすめです。

京のにごり梅酒の口コミ


【まちカドまぞく】のへドマ車両撮影の為,河原町→出町柳迄歩いて出掛ける途中でlunchを食べたレストランで飲み,すっごく美味しかったので購入しました☆彡

【梅の濁り酒】→“味い豊か”&“呑み易い”ので何杯もおかわりしちゃう美味しさですwww
和歌山の実家の両親に呑ませたかったので購入しました∧(ё)∧

招德酒造 はどんな酒蔵?

宇治川と桂川の2つの雄大な河川に囲まれ、起伏豊かな京都市伏見。

山道に沿って幾重にも連なる朱色に輝く鳥居が並ぶ風景で有名な伏見稲荷大社や、明治天皇の陵である伏見桃山陵など歴史を語る上で外せない土地となっています。

伏見は酒蔵が多いことでも有名で、お店で必ず見かける銘柄「月桂冠」も伏見の酒蔵で作られています。
月桂冠大倉記念館では日本酒の試飲や展示が楽しめます。

そんな京都市伏見に360年以上の歴史を持つ酒蔵が「招德酒造」です。

1645年(正保2年)に創業された招徳酒造は大正時代に現在の伏見に移転し、「純米酒」にこだわって品質重視の酒造りを行っています。

伏見の良質な湧き水と、品質の良いコメを求めて農家と連携するなど、原材料にも徹底的にこだわり、技術の継承など後世にも引き継がれる酒造りを行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です