シャトー酒折ワイナリー 梅酒夏至 山梨県

  • 名前:梅酒夏至(うめしゅげし)
  • 酒造名:シャトー酒折ワイナリー(シャトーさかおりわいなりー)
  • 公式HP:https://www.sakaoriwine.com/
  • 地域:山梨県甲府市
  • 酒の種類:ホワイトリカー
  • 梅の種類:梅郷(青梅市産)
  • アルコール度数:14%

シャトー酒折ワイナリー 梅酒夏至

「酒折町」

ワインの製造で有名な山梨県甲府市のほぼ中央に位置する町です。

引用元: シャトー酒折ワイナリー

酒折町は山梨県の中でももっとも古い地名であり、「古事記・日本書紀」にもその名前が記されています。

「ヤマトタケル伝説」でも有名な大和朝廷に対抗する酒折朝廷があったとも言われ、酒折町は古代甲斐の中心地であったと伝えられています。

また、明治初期にはワイン用の葡萄栽培がいち早く行われ、葡萄品種開発の先進地としても知られています。

江戸時代以前から甲斐の国にあった9つの古道「甲斐九筋」の起点とも言われており、昇仙峡、恵林寺をつなぐ北バイパス沿いにあり石和温泉、武田神社、善光寺もすぐ近くにあることから、観光地としても非常に有名となっています。

1991年5月、日本を代表するワインの産地である山梨県の甲府市を一望できる風光明媚な酒折の地にワイナリーを設立したのが「シャトー酒折ワイナリー」です。

ワインの味や品質に大きく影響するのが葡萄であり、ワイン造りは葡萄栽培から始まると言われていますが、シャトー酒折ワイナリーでは地元の葡萄生産者と強力しあうとことで、甲府市にあるワイナリーの中でも高品質なワインを造り続けています。

そんなシャトー酒折ワイナリーが造り上げた梅酒が「梅酒夏至(うめしゅげし)」。

単純に原酒と梅、砂糖を漬けこんだだけではなく、その梅酒作りは非常に手間暇を掛けています。

ホワイトリカーに青梅産の「梅郷」と、砂糖・ハチミツを秘伝のレシピでじっくりと漬けこみ、熟成させた後にさまざまな原酒とブレンドすることで作られた「梅酒夏至」。

完熟前の瑞々しい青梅を使うことで梅郷本来のキリっとした酸味と豊潤な香りを十分に楽しむことが出来ます。

まろやかでありながらも後味がスッキリとしていますので、料理の味わいを壊さすことがないのでどんな料理にも合うでしょう。

なぜワイナリーが梅酒を?

シャトー酒折ワイナリーの主力商品は当然「ワイン」です。

なぜワイナリーが梅酒を造るようになったのでしょうか?

「梅酒が人気商品だから」

そんな単純な発想ではないようです。

「大川醸造の大川はな」

梅酒ファンならぜひ覚えておいてほしい名前です。

大川醸造は今は存在しませんが、そこに「大川はな」さんとうおばあさんがいました。

大川はなさんは梅酒造りの名手として梅酒界では伝説として語り継がれており、日本の梅酒造りに大きな影響を与えた人物でもあります。

梅の生産地としても有名な東京都青梅市で、その地に栽培される梅実の素晴らしさ、またその梅の持つ効用に目をつけ、梅酒に漢方を漬け込むことにより、体に良い薬用酒として梅酒の製造を始めました。

シャトー酒折ワイナリーでは1987年にその事業を引き継いだことで、現在は薬用酒の生産こそしていませんが、その製造技術、精神を受け継ぎ、梅酒を始めとするリキュールの製造を行なっています。

シャトー酒折ワイナリーとはどんな酒蔵(ワイナリー)?

引用元:シャトー酒折ワイナリー公式HP

シャトー酒折ワイナリーは、もともと世界のワインを輸入する木下グループが山梨県甲府市に立ち上げたワイナリーです。

木下グループではワインの輸入だけでは飽き足らず、ワイン用の葡萄生産には向かないと言われていた日本の気候の中で世界でも通用するワインを作り上げたい等思いから1991年に甲府市にワイナリーを立ち上げました。

ワイン造りにおいては、「毎日の食卓でお楽しみいただける、安くて美味しい国産ワイン」を目指して日々努力を続けています。

ワインの味や品質は、原料である葡萄の品質が大きく影響します。

その為、葡萄へのこだわりは非常に強いもであり、地元の葡萄農家と共生することで高品質な葡萄を作り上げ、できる限り高品質の葡萄を買い付けるために、葡萄の集荷場には社員全員で出向き、厳しく葡萄を選別した上で引き取っています。

また、ワイン醸造に使用する器具は、使用するごとにすべての部品を分解し、徹底的に洗浄を行うことで、醸造設備の衛生管理にも細心の注意を払うなど設備にも非常にこだわっています。

丁寧な洗浄や消毒は、結果として酸化防止剤として添加する「亜硫酸」の使用量を抑えることができ、葡萄がもつ本来の味わいをそのまま表現できるクオリティの高いワインの生産につながります。

ワイン用の葡萄だけでなく、梅酒に使われる「梅」においても同様のこだわりを持っており、あえて「地元産」に拘らず「大川はな」さんの梅酒を造るために必要な要素である「青梅産の梅」を使うのもその拘りのひとつとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です