大関 完熟梅酒 兵庫県

  • 名前:完熟梅酒(かんじゅくうめしゅ)
  • 酒造名:大関(おおぜき)
  • 公式HP:https://www.ozeki.co.jp/index.html
  • 地域:兵庫県西宮市今津出在家町
  • 酒の種類:醸造アルコール
  • 梅の種類:南高梅(和歌山県産)
  • アルコール度数:14%

大関 完熟梅酒はどんな梅酒

今回紹介するのは「ワンカップ大関」で有名な酒蔵「大関」の定番でもある「完熟梅酒」です。

日本酒を飲みたいんだけど瓶で買うほどでもない。
だからちょっと我慢しようかな・・・

なんていうお父さんの悩みを解決してくれるのが「カップ酒」ですね。

出張でコンビニに寄った時にカップ酒を見かけるとついつい買い込んでしまうという方も少なくないと思います。

そんなカップ酒を日本で初めて商品化した酒蔵が「大関」です。
大関が販売する「ワンカップ」はカップ酒の代名詞となっており、今でも愛され続けています。

ワンカップは今や定番となり、飲み比べをしたい人にも人気商品となっています。

そんな革新的な商品を世に送り出している大関が梅酒の定番商品として造っているのが「完熟梅酒」です。

果肉が非常に厚く、重厚感のある酸味が特徴の高級品種「南高梅」。

和歌山の梅酒に適した環境で丁寧に育てられた南高梅を樹上でじっくりと熟させてから仕込むことで、コクのある味わいと甘すぎないすっきりとした後味の良い梅酒となっています。

素材の旨みを最大限に生かすことで自然の甘みを最大限に引き出し、添加物で作られた不自然な甘みのない飽きの来ない一品となっています。

定番ゆえに毎日の食卓に出ても決して飽きることのない味わいをぜひお楽しみください。

完熟梅酒の口コミ

完熟梅酒の口コミを見ると、甘すぎない味わいが人気のポイントのようです。
自分で梅酒を造るこだわりを持っている人にも「おいしい」と言わせる梅酒ですね。


味がいいのはもちろん、梅本来の香りも爽やかにするのでロックでグイグイいけます。
甘ったるすぎるタイプではないのでソーダの出番はほぼないかなと思います。
コスパがいい、というと安っぽくなってしまいそうで控えたい表現ではありますが、美味しさといいお値段のお手頃さといい最高の一品ですね。
同じメーカーさんから他にも梅酒のラインナップが出てるのでそちらも試したいです。


 今までに飲んだ梅酒の中では最も好印象です。

 上品で混じりけを感じない味で、糖類が添加されていますが香料などによって作り上げられた味との印象は全く感じていません。

 さわやかで苦みもなく、また甘すぎることもなく、疲れているとき気分転換として、もっぱらストレートでちびりちびりと飲んでします。

 食前酒としてストレートでほんのひとなめなども合いそうです。以前、仕事で富山の氷見市にある老舗旅館へ泊った時の懐石料理を思い出しました。豪華な懐石料理が永遠と続いたのですが、最初に10cc位の梅酒が食前酒として出されました。梅酒は食前酒としても適しているのですね。


梅酒は自宅で漬けて作るほど好きです。
なので、これは私にとっては最高でした。

フルーティーで、まるでジュースでも飲んでいるかのような味わい。
ただ甘いだけでもなく、ただ酸っぱいだけでもなく、
梅の風味をしっかり感じさせてくれる製品です。
炭酸割、お湯割り、ロック、色々楽しみましたが、
どれでも美味しい。

個人的には、濃い目に割って贅沢な時間を過ごす、
これが一番オススメです。


梅酒の良さがたくさんある味の良い梅酒です。
酸味ほどほどで甘さも程よく、後にべたっと甘さが
残らない梅酒にしては低めの甘み程度で後口が良いです。
果物のような梅の風味がたくさん感じられ、そのままだと
とても濃厚でそれはそれでいいですが、氷を入れて冷たくして
飲むとまた爽快です。
寝る前に少し飲むと丸い味わいでなにかホッとして
気分がいいです。

大関のおすすめ梅酒

大関では今回紹介した「完熟梅酒」以外にも魅力的な梅酒がありますので紹介します。

にごり梅酒

完熟梅酒に紀州南高梅のピューレを贅沢にもたっぷりと入れた梅酒です。

口の中に含んだ瞬間にふわっと広がる果肉の食感はにごり梅酒ならではですね。

もも梅酒

桃と梅のコラボレーション。

桃の王様とも呼ばれる「白鳳桃」と梅の王様とも呼ばれる「南高梅」が見事にマッチした変わり種梅酒です。

和歌山の太陽の光をたっぷりと浴びた桃の甘さと南高梅の酸味が絶妙な味わいを演出しています。

変わり種梅酒と言っても2016年の全国梅酒品評会でにごり梅酒部門で金賞を受賞しており、専門家にも認められたにごり梅酒となっています。

とろにごり梅酒

にごり梅酒よりさらに果肉の量を増やして、トロトロの食感に仕上げたのが「トロにごり梅酒」です。

アルコールも7%と低く、もはや梅酒というよりデザート感覚で楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です