喜久水酒造 こだわり梅原酒 長野県

こだわり梅原酒

  • 名前:こだわり梅原酒(こだわりうめげんしゅ)
  • 酒造名:喜久水酒造(きくすいしゅぞう)
  • 公式HP:https://kikusuisake.co.jp/
  • 地域:長野県飯田市
  • 酒の種類:米焼酎
  • 梅の種類:竜峡小梅(りゅうきょうこうめ)
  • アルコール度数:18%

神秘的な山々に囲まれた長野県のなかでも最も南に位置し、長野市、松本市、上田市に次ぐ人口第4位の飯田市。

飯田市の街並み

その飯田市に唯一存在する酒蔵が「喜久水酒造」です。

昭和18年(1943年)に発令された「企業整備令」により、飯田市内に合った多くの酒蔵が廃業に追い込まれましたが、全員がすべて廃業し、昭和19年(1944年)に「下伊那酒造」としてあたらに創業されました。

その後、昭和26年に現在の「喜久水酒造」と改称されました。

「信州の自然が酒蔵」とも言われ、中央アルプスから湧き出る豊富な伏流水を仕込み水とし、地元長野県で生産される良質なお米を100%使用して、創業以前から培われてきた酒造技術や伝統を駆使して良質なお酒を造り続けています。

清酒だけでなく、単式蒸留焼酎や連続式蒸留焼酎、果実酒、リキュール類など多様なお酒を手掛けることで、地元だけでなく、日本全国に多くのファンを持っています。

そんな喜久水酒造が自信をもって作り出している梅酒が「こだわり梅原酒」です。

飯田市特産である小梅「竜峡小梅(りゅうきょうこうめ)」を贅沢に使い、長期熟成させた自慢の米焼酎でじっくりと漬けこんだ「こだわり梅原酒」。

甘さを抑えている為、竜峡小梅特有の豊潤な香りと濃厚な味わいがあり、米焼酎特有のまろやかな甘みが特徴です。

甘すぎる梅酒はちょっと苦手な人でも楽しめますね。

アルコール度数は18度と高めですので、お酒に弱い方はサイダーなどで割って飲むのがお勧めです。

喜久水の由来とは?

昭和19年に複数の酒蔵が合併して創業した「喜久水酒造」。

「喜久水」の名前は合併した酒蔵のひとつである「村田屋酒造」が酒の銘柄として使用していたものです。

合併時に投票により「喜久水」という銘柄に決まったそうです。

村田屋酒造が使っていた「喜久水」は慶応元年に飯田藩主が「楠木正成(くすのき まさしげ)公」の湊川神社から分霊を授かって祀られたことから、楠木家の家紋である「菊水」から「多くの人々に長く久しく喜びを」との願いを込めて懐けられました。

菊水家紋

余談ですが、湊川神社には楠木正成公の御墓所(お墓)がありますが、それを立てたのは水戸黄門こと「徳川光圀(とくがわみつくに)公」だったそうです。

竜峡小梅(りゅうきょうこうめ)とはどんな梅?

長野県飯田市を流れる「天竜川(てんりゅうがわ)」の近辺で栽培されている「竜峡小梅(りゅうきょうこうめ)」。

果実は1センチから2センチと非常に小ぶりの梅ですが、肉厚で特に「かりかり梅」として人気となっています。

大正時代に当時の松川村(現下伊那郡松川町)で、大栗重寿氏によって育てられていた小梅の中から発見された品種と言われています。

「竜峡小梅」という名前は、天竜川の渓谷「天竜峡(てんりゅうきょう)」からとられています。

引用元:Wikipedia

梅の生産地と言えば紀州が有名ですが、それ以外にも甲州、信州でも非常にたくさんの梅が栽培されています。

竜峡小梅は信州の半分を占めている、北陸甲信越地方・長野県の地域ブランドの梅です。

喜久水酒造のお勧めのお酒

喜久水 銀泉

キレの良さとすっきりとした風味で軽快な味わいが特徴で、喜久水を代表する日本酒です。

どんな料理にもよく合い、毎日飲んでも飲み飽きないですね。

冷で飲んでも、熱燗にして飲んでも楽しめます。

純米大吟醸 翠嶂

『翠嶂』とは、「深山幽谷よりわき出でる翠なる水の如く」山深い信州の湧水、風光明媚な信州の穏やかな早春を想わせる情緒あるお酒です。

最高の酒米を3昼夜かけて丹念に磨きあげ、長期低温醸造した蔵人の結晶ともいえる最高級のお酒です。

よく冷やしてからお飲み頂くとよりいっそう美味しくお召し上がりいただけます。

純米 風越

地元契約栽培米「たかね錦」を使用し、杜氏が丹精込めて手間暇惜しまず醸した、米の旨みとコクを引き出した味わい深いお酒です。

冷やからぬる燗まで幅広い温度でお楽しみ頂けます。

「たかね錦」のふっくらとした旨味とキレのある味わいをお楽しみ下さい。

キクスイ シードル

長野県はリンゴの生産地としても知られており、非常に甘くておいしいと人気となっています。

そんな高評価の地元長野県産のリンゴを100%使用して作られた発泡性果実酒が「キクスイ シールド」です。

地元のリンゴ生産者との直接契約した、ふじ、シナノゴールド、紅玉、秋映、シナノスイートなど数種類のリンゴを原料としています。スタンダードタイプを含めて、3種類の異なる味わいをお楽しみ頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です