甘強酒造 里香梅 紅麹梅酒

  • 名前:里香梅 紅麹梅酒 (りこうばい べにこうじうめしゅ)
  • 酒造名:甘強酒造(かんきょうしゅぞう)
  • 公式HP:https://www.kankyo-shuzo.co.jp/
  • 地域:愛知県海部郡蟹江町
  • 酒の種類:本みりん・ブランデー
  • 梅の種類:南高梅(群馬県産)
  • アルコール度数:12%以上14%未満

里香梅 紅麹梅酒

町の4分の1以上が河川で占められており、広大な河川と緑豊かな自然に囲まれた環境から古くから「水郷の町」として呼ばれている蟹江町(かにえちょう)。

町内には日本名湯百選にも選ばれている「尾張温泉(おわりおんせん)」や、日光川と大膳川に囲まれた5ヘクタールの敷地を整備した「日光川ウォーターパーク」など、自然の恵みを最大限に生かしたまちづくりをしています。

尾張温泉東海センター 温泉案内
「尾張温泉観光センター」
引用元:http://owarionsen.co.jp/

また、名古屋都心から15キロと近いことから古くから名古屋と強いつながりがあり、今では名古屋のベットタウンとして栄えています。

良質な水と、土地が土壌が肥沃で農業に適しているといわれている濃尾平野にある蟹江町は 古くから稲作が盛んにおこなわれており、良質なお米が生産されています。

蟹江町 田んぼ
「蟹江町の田んぼ」

そんな良質な水と米を使って150年近くお酒を造り続けているのが、今回紹介する梅酒「里香梅 紅麹梅酒」を造っている酒蔵「甘強酒造(かんきょうしゅぞう)」です。

甘強酒造では「発酵食」をテーマに本みりん、日本酒、調味料、発酵飲料などの生産を手掛けており、自社生産した本みりんを使って作られた梅酒が今回紹介する「里香梅 紅麹梅酒 (りこうばい べにこうじうめしゅ)」です。

里香梅 紅麹梅酒はどんな梅酒?

γーアミノ酪酸をはじめ数々の有用成分が含まれており、血圧やコレステロールなどの面でよい働きがあるといわれている「紅麹(べにこうじ)」が入った身体の健康を考えて作られた梅酒です。

ベースとなるお酒は 甘強酒造が造る「本みりん」を使っており、本みりん本来のやさしい甘さを最大限に生かすために、砂糖の使用は最小限に抑えています。

糖分が気になる方や、甘いお酒が苦手な方にもお勧めできる一品となっています。

里香梅 紅麹梅酒のおすすめの飲み方

甘さ控えめでまろやかなすっきりとした飲み口ですので、良く冷やしてストレートで飲むのがおすすめです。

またカクテルベースとして紅茶や緑茶と混ぜてもおいしく頂けます。

里香梅 紅麹梅酒の購入はこちら
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mikawaya4783_li9069

紅麹ってなに?

紅麹(べにこうじ)は古くは中国で漢方薬として使われてきました。

紅麹菌を発酵させてつくられる赤色の麹菌です。

紅麹とは〜紅麹のハナシ① | 健康と美容のあれこれ・水素と紅麹の話

最近の研究では食品をおいしくさせる効果があることもわかってきています。

例えば


“紅塩麹”の旨味増強効果→“塩麹”と比較し旨味と甘味が増加。また、酸味が減少することにより、旨味がより顕著に。

第73回日本栄養・食糧学会大会より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です