榮川酒造 造り酒屋のうめのお酒 福島県

榮川酒造 造り酒屋のうめのお酒

  • 名前:造り酒屋のうめのお酒
  • 酒造名:榮川酒造(えいせんしゅぞう)
  • 地域:福島県耶麻郡磐梯町
  • 酒の種類:日本酒
  • 梅の種類:高田梅(会津美里町産)
  • アルコール度数:14.5%

名峰磐梯山の麓にあり、名水百選にも選ばれている名水「龍ヶ沢湧水 」。
そんな名水を使って高品質な日本酒を作り続けている榮川酒造が、自慢の榮川の日本酒に新鮮な青梅をじっくりと付け込んで作られた梅酒です。

名水で造られるのは食味検定で特Aの評価を得ていて最高の食味であることが認められている「会津米」

その会津米と名水「龍ヶ沢湧水」で造られた日本酒に厳選された新鮮な青梅をじっくりと付け込み、日本酒ならではのすっきりとした後味と、きりっとした梅独特の酸味が特徴です。

甘みが強く、非常に飲みやすいのですが、アルコール度数は14.5度と高いので、お酒に弱い方は飲みすぎ注意ですね。

おすすめの飲み方はロックで、一口目は梅酒本来のうまみと香りを存分に楽しみ、氷が溶けてきてアルコール度数が下がってきたところでグッと飲み干しましょう。

榮川 造り酒屋のうめのお酒 720ml

榮川酒造とは?

明治2年(1869年)にかつて会津若松市内にあった宮森文次郎酒造店より分家し、現在地で宮森榮四郎酒造店を創業したのが始まりです。

昭和18年には戦争の統制により若松酒造株式会社榮川工場と名前を変えます。

三代目宮森榮四郎の時代には国税庁から東北で初の一級酒工場の指定を受けており、高品質な日本酒を生産する酒蔵として全国に名前が知れ渡っています。

その後、昭和28年には現在の名前である「榮川酒造株式会社」となります。

会津は名水の地としても有名で、榮川でも名水百選にも選ばれている「龍ヶ沢湧水」を仕込み水として使っているうえに、日本酒の材料となる会津米も名水が使われており、まさに会津の大自然と榮川の職人の技術が生み出した日本酒を全国に届けています。

榮川酒造のお勧めのお酒

榮川 特別純米酒 [ 日本酒 福島県 1800ml ]

榮川 純米大吟醸 [ 日本酒 福島県 720ml ]

榮川酒造 栄川 ゴールド秘酎 30度 720ml

榮川 純米酒 [ 日本酒 福島県 1800ml ]

榮川 大吟醸榮四郎 [ 日本酒 福島県 720ml ]

榮川 造り酒屋のゆずのお酒 [ リキュール 720ml ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です